Virtual Boxで新規作成した仮想マシンを起動した際に「FATAL:Could not read from the boot medium! System halted.」と表示される場合の対処法

Virtual Boxで新規作成した仮想マシンを起動した際、

 

f:id:microsoftcream87:20170507085203j:plain

 

となってしまうのは、起動するドライブにOSのISOイメージがマウントされていないからです。

 

Virtual Boxで仮想マシンを起動するためには、「新規作成」で仮想マシンを作成しただけでなく、起動ドライブにOSのiSOイメージをマウントする必要があります。

 

ちなみに、OSのISOイメージというのは、iOSというファイル形式のデータファイルで、つまり、OSのプログラムの事です。

 

Virtual Boxで仮想マシンを新規作成するというのは、あくまでも入れ物だけで、OSのプログラムが無いと、OSは起動しません。

また、マウントするというのは、起動ドライブに、IOSイメージのファイルを保尊する事です。

 

まとめると、どこかからOSのプログラムを調達してきて、それを、「起動ドライブに保存する。」という意味になります。

 

OSのiOSイメージの調達に関しては、「OS名 + ダウンロード」などのキーワードで検索すれば、入手方法はすぐに見つかるでしょう。

 

ISOイメージを入手できたら、「設定」 -> 「ストレージ」を選択し、光学ドライブのCDのマークのところから、ダウンロードしたIOSイメージを選択します。

 

f:id:microsoftcream87:20170507094224j:plain

 

これでIOSイメージのマウント完了です。