「DDL」はテーブルの定義、「DML」はテーブルの操作~OracleのSQL文の種類~

Oracleを使ったお仕事をしていると、会話の最中やドキュメント修正時に、「あれ?この場合どっちだったっけ?」って事になったりしませんか?

私はよくなりますので、この機にきちんと書き記しておこうと思います。

略称 名称 日本語名 意味
DDL Data Definication Language データ定義言語 CREATEやDROPなど、データの定義に関する事を行うSQL文。
DML Data Manipulation Language データ操作言語 SELECTやINSERTなど、データの操作に関する事を行うSQL文。また、SELECTに関しては、DMLとは別に、Query(問いあわせ)という分類にされることもあるようである。

SQL文の種類が問題になる場合、上記の2つが対象となる場合が多いと思うが、他にも、DCL(Data Control Language)という分類をする場合もあるようです。

DCLとは、GRANT、REVOKEなどが対象になるようですが、これは、標準のSQLではなく、Oracle固有の命令も含まれるので、Oracleのマニュアルのは、DCLという表記は無いようです。