IT系フリーランスの技術備忘録

日々の業務で学んだ事の覚書やフィードバックなど。たまに関係ない記事も。

長時間PC作業の必須の三種の神器(+α)これ、ちゃんと持ってる?IT系フリーランスが人に薦めたいアイテム。

今は、IT系のお仕事でなくても、長時間PC作業をする人が本当に増えてきましたね。

 

そこで今回は、長時間PC作業をするなら、絶対持っておきたい3種の神器ともいえる商品(+α)のご紹介をしたいと思います。

 

1.ブルーライトグラス

エレコム エクリア ブルーライト対策メガネ スタンダード ブラック G-BUB-S01BK(1コ入)
by カエレバ

 

今はブラウン管時代と違い、画面のちらつきによる目の疲れはだいぶ減ってきているのですが、ブルーライトの影響は計り知れないものがあるんですよね。

 

画面に張り付けるタイプのブルーライトシートもありますが、今は複数大画面を使うのも普通ですし、何より、会社のパソコンでは自由にブルーライトシートを付けることも難しいでしょう。

 

また、当然ながら、ブルーライトはパソコンのモニターだけでなく、スマホを使うときも同様です。

 

本当に目の疲れ方が違います。

ブルーライトグラスは1つは携帯しておくようにしましょう。

 

2.アームレスト

リストレストキーボード用ジェルレザー調洗うブラック幅450mm T-GELPNXLBK サンワサプライ
by カエレバ

 

アームレストも絶対必須です。

 

長時間パソコン作業をしていて、手のほほや、腕が痛くなったりしませんか?

 

パソコン作業は、指先だけの動作と思いきや、実は腕全体に負担をかけています。

 

また、長時間の負担は、腱鞘炎などの原因になりますので、アームレストは使うようにしましょう。

 

3.PCスタンド

ノートパソコンスタンド 角度調整 折りたたみ 縦置き可 ブラック
by カエレバ

キーボードは、少し斜めにすると格段に打ちやすいってご存じですか?

 

ノートPCの場合は、パソコンをスタンドに置いて使えます。

置き型のパソコンの方も、ノートPCの方も、PCスタンド、ぜひ一度使ってみてください。

 

病みつきになります。

 

おまけ USB扇風機

Keynice USB扇風機 風量2段階調節 360度角度調整 ブラック
by カエレバ

 

夏限定ですが、酷暑の多い最近の日本の夏には、必須のアイテムになってきたかなと思います。

 

職場でクーラーの設定温度が自由に変えられない方は、ぜひ一つ持っておくといいと思います。

 

また、ご自宅作業でも、クーラーの設定温度を下げるくらいなら、ちょっと高めにしてUSB扇風機を使うと経済的ですよ。

 

TICレンタルサーバーを申し込むなら、国内?海外?どっち?

TICレンタルサーバーの申しみ時、最終的に迷うのは、国内にするべきか、海外にするべきか?ではないだろうか?

 

結論からいえば、圧倒的に海外にするべきだ。

 

というか、国内にするメリットが1mmも見つからないというのが本音である。

 

この記事では、どうして海外がいいと言い切れるのか?

 

また、国内にするメリットは本当にないのかななどを徹底的に見ていきたいと思う。

 

そもそも国内にするメリットは?

 

国内にするメリットは2つある。

 

・海外よりも国内にサバーがあった方が通信速度が速くなる。

・何かあった場合、国内にサーバーがあった方が対応の連絡が迅速になる。

 

まず、通信速度に関しては、確かにそうである。

 

ただ、何かあった時の対応については、どのみちTICサーバーを選ぶのであれば、おなそれほど違いはないだろう。

 

SEO上のメリットは?

 

SEO上のメリットとというのは、実は特にない。

 

関係があるのは、ドメインIPアドレスだ。

 

 

 

 

TICレンタルサーバーの評価

50~1000までクラスCIP分散が可能!【TICサーバー】

 

TICサーバーとは? 

自然な被リンクを1つのレンタルサーバーサービスで実現

Google等で検索結果の上位に自分のサイトを表示したい場合、サテライトサイトと呼ばれる集客用のサイトからリンクを送るというSEO手法を使うことがあります。
一つのレンタルサーバーや無料ブログに関連サイトを複数作ってリンクを送るとIPアドレスが偏り不自然なリンクになってしまうため、異なるレンタルサーバー会社を使って1ドメイン1レンタルサーバーにするなど、IPアドレスを分散するための対策を取らなければなりません。
IP分散サーバーでは、複数の固定IPアドレスを分散して関連サイトに割り当てることができるため、レンタルサーバーを複数借りることなく自然なリンクを実現することができます。

 

クラスC IPアドレスを1000IPまで分散してサイトを運営できる

TICサーバーではクラスCのIPアドレスを国内IP400円・海外IP100円から利用すること出来ます。
海外IPに関しては国内競合サービスの中でも最安級の価格です。
IPアドレスは1,000個用意されており、1契約あたり 10IP(10サイト分)が最小単位となります。
また、DNSサーバーについても標準で完全分散に対応しています。

 

便利なマルチドメイン無制限プランも用意されている

TICサーバーには1つのIPアドレスに対して独自ドメインを複数設定することができるマルチドメインプランが用意されています。
競合するサービスの中には1IP1ドメインのシングルプランしかないものもありますので、アフィリエイトで大量のサイトを使う場合は便利です。
ただし、マルチドメインプランでは、国内IP450円・海外IP300円のため割り高になります。


通信速度は遅めだが安定性は問題なし

TICサーバーはアメリカにサーバーを設置しているため、日本からの通信速度はあまり良くありません。
ネット上の口コミ等を見る限りでは、長時間サーバーがダウンするなど安定性に関する問題はなさそうなので、サテライトサイトで使う分には通信速度が遅くてもあまり気にならないかもしれません。

 

TICサーバーの総合評価は?

オススメ度 70%
TICサーバーは競合するIP分散サーバーと比較して1IPあたりのコストパフォーマンスに優れており、アフィリエイトでとにかく安くサテライトサイトを作りたいという人にオススメです。
IPアドレスも10個単位と小口で契約でき、1年契約では割り引きも効くようになります。
一方、アメリカにサーバーが設置されているため通信速度が遅いというデメリットもありますので、全体バランスを考えるとIQサーバーなど他のサービスの方が使い勝手は良さそうです。

 

TICサーバーの基本情報

 

運営会社 株式会社セブンアーチザン

プラン 格安シングルドメインプラン

    便利なマルチドメインプラン

 

TICサーバーが選ばれる3つの理由

1IP108円という圧倒的な安さ!

 

10IPから契約可能!

 

国内/海外など選べるプランが豊富

 

TICサーバーはどんな人にお勧め?

 

TICサーバーのプラン紹介

 格安シングルドメインプラン

 

マルチドメインプラン

 

 

TICサーバーの申し込み方法

 

TICサーバーの使い方

ドメイン設定

ワードプレス導入

 

IP分散サーバーとは

IP分散サーバーとは、インターネット上の住所であるIPアドレスがサーバーごとに違うサーバーです。

 

もちろん、IPアドレスは固有のものなので、サーバーごとにIPアドレスが異なるのは当然なのですが、「クラスC」という部分が違う数字であるものを割り振っています。(以下の数字は、わかりやすいような数字にしてあるだけで、実際には使用できないIPアドレスです)

 

IP分散サーバーとは、IPアドレスがクラスC以上で分散されているもののことを指します。

IPアドレスとは、ネットワーク上の機器を識別するために指定するネットワーク層における識別用の住所みたいなものだとお考えください。

IPアドレスは、111.222.333.444のように3つの数字の組み合わせ4つで構成されています。(説明のための例です。実際は0~255までなので333.444はありません。)
111の部分はクラスA、以下222はクラスB、333はクラスC、444はクラスDと呼ばれます。

クラスCで分散とはどういう意味かというと、111.222.333.444のうち、444の部分以外が異なっているIPアドレスを複数用意するということです。

なぜIPアドレスの分散をする必要があるのか

Googleがサイトが設置されているIPアドレスがクラスC以上で分散されていないと、それぞれの被リンクを評価しないという特許を取得しているためです。

つまり、クラスC以上で分散されているサイト群からリンクを貼ったほうが、より評価されやすくなり検索順位があがるとされています。

 

IPが日本とは?

弊社クラスCサーバーにはIPアドレスのカントリーコードが日本となっております。
カントリーコードについては例えば以下のサイトでご確認いただけます。
(表示されておりますのは、弊社で提供させていただいておりますIPの一例です)

https://ipv4.fetus.jp/search/94.46.118.205
クラスC(日本IP)プランでご提供させていただきますIPアドレスはすべてカントリーコードが日本となっているものになります。


IP管理団体について

弊社提供のIPアドレスはRIPEというヨーロッパのIP管理団体から仕入れを実施しております。2015年よりRIPEとJPNIC(日本のIP管理団体)とでIPの移転が可能となり、JPNICと近い関係になりました。弊社ではこのRIPEより仕入れたIPアドレスのカントリーコードに日本を設定してサービス提供いたしております。

インターネット記事「IPv4アドレス移転対象レジストリにRIPE NCC追加のお知らせ」
https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2015/20151009-01.html

またIP管理についてはたとえば以下の記事をご参照ください。
http://www.geolocation.co.jp/learn/num/01.html

 

クラスC分散とは

クラスはその規模によって、「クラスA」「クラスB」「クラスC」に分けられます。

※1これらを10進数のアドレスで表記した場合、それぞれのクラスの上位ビット、アドレス範囲、ネットワーク部のビット数と利用できる最大ホスト数は表1のようになります。このような方式を「クラスフル」と呼びます。

以前は、ネットワークの規模すなわちネットワークに接続されるコンピュータの数に応じ、クラスのアドレスが分配されていました(「クラスフル」の割り当て)。

 

レンタルサーバーというのは、会社ごとに使用できるIPアドレスの範囲というのがある程度決まっています。

そのため、サーバー一台ごとにクラスD を連番で割り振っていくような形になっています。つまり、同じレンタルサーバー会社で複数のサーバーを借りたとしても、クラスCまでは同じで、クラスDだけが違うという可能性があるということになります。


通常のサーバーのイメージ例
1台目のサーバー 111.222.333.444
2台目のサーバー 111.222.333.445
3台目のサーバー 111.222.333.446


一方、このIP分散サーバーでは、クラスCの数値から別々に割り振っています。

そのため、一つの会社でサーバーをレンタルしているにも関わらず、IPアドレスだけを見ると、別々の会社でサーバーをそれぞれ借りているように見えることになります。


IP分散サーバーのイメージ例
1台目のサーバー 111.222.333.444
2台目のサーバー 111.222.334.12
3台目のサーバー 111.222.335.199

 

IP分散サーバーの利用方法

それでは、IP分散サーバーというのは、いったい何に利用されているのかというと、多くは Webサイトで集客を行っているアフィリエイターや SEO業者たちに、いわゆる「サテライトサイト」と言われるサイトを作成し、集客をしたいメインのサイトへ人工的な「バックリンク」を送る目的で使用されています。

 

検索エンジンがサイトの価値を判断する重要な要素の一つとして、他のサイトからのリンクがあると考えられています。

 

通常、サイトから他のサイトへリンクするのは、リンク先のサイトに価値がある情報が書かれているからです。ですから、多くのサイトからリンクされているサイトは、それだけサイトの内容に価値があると考えることができます。

 

そのため、意図的にリンクをつけることによって、検索エンジンの評価を高めて、検索の上位に上がりやすくする、いわゆる「ブラックハットSEO」と呼ばれる手法を行うために使われています。

 

このように人為的に被リンクをつける手法(いわゆる「ホワイトハットSEO」)を使用していない人には、まったくと言っていいほど利用価値のないサーバーですね。

 

 

A8.net への登録方法

下記のリンクをクリックしてください。

 

A8.netの申し込みページはこちら 

 

クリックすると、下のページになりますので、「無料でアフィリエイトを始める!」をクリックしてください。

A8.netの申し込みページ

A8.netの申し込みページ

 

あとは、表示されたページの指示に従って、登録を済ませてください。

 

A8の申し込みページ

A8の申し込みページ

 

 

 

 

 

WindowsでPythonのtkinterを使おうとしたら意外な理由でimportが出来なくて困りましたので解決法を書いておきます。

WindowsPythonを使う際、tkinerを使おうとしたら、下記のようなエラーが出て、import時にエラーになりました。

 

 

C:\python>python -m tkinter
Traceback (most recent call last):
File "C:\Users\Kentaro\AppData\Local\Programs\Python\Python37-32\lib\runpy.py", line 193, in _run_module_as_main
"__main__", mod_spec)
File "C:\Users\Kentaro\AppData\Local\Programs\Python\Python37-32\lib\runpy.py", line 85, in _run_code
exec(code, run_globals)
File "C:\python\tkinter.py", line 1, in <module>
from tkinter import *
File "C:\python\tkinter.py", line 2, in <module>
from tkinter import ttk
ImportError: cannot import name 'ttk' from 'tkinter' (C:\python\tkinter.py)

 

原因を調べたら、とても意外な理由で、その理由とは、実行ファイル名を、"tkinter.py"にしていたからというののでした。

 

どうも、pythonは、importはローカルのパスから優先して行うようです。

 

同じ理由で、例え、実行ファイルでなくても、"tkinter.py"というファイルが、pythonのパス上に存在していたらエラーになります。

 

参考

teratailに同じ原因で悩んだ方の質問と回答があります。

Python 3.x - tkinterのttkがインポートできない(124534)|teratail

 

また、この質問の解決策にもありますが、pythonのimportについて、詳しく書かれたページは、こちらです。

qiita.com

ランニング時、水分補給の為にペットボトルや小銭を持ち歩きたくない人へのカッコいい解決先

f:id:microsoftcream87:20180719214229j:plain

こんにちは。

暑い日が続きますが熱中症対策は大丈夫ですか?

 

私は、ランニングが趣味ですが、ここ最近の暑さにはさすがに勝てずにさぼり気味です💦

9月はフルマラソンにチャレンジする予定なので、本当はトレーニングをしなきゃなんですけどね。

 

ところでなんですが、ランニングをしているとき、水分補給はどうされていますか?

 

こまめな水分補給は大事な事ですが、ペットボトルや小銭を持ち歩くのは面倒くさい。

そんな事ありませんか?

 

私は、以前は出来るだけペットボトルを持つようにしていましたが、かさばるんですよね。

 

小銭を持ち歩いてのどが渇いた時に自動販売機から買うようになったんですが、小銭じゃらじゃらは案外走りには邪魔なんです。

 

なんといってもカッコ悪い。

 

でも、最近の私はちょっとカッコいいです。

 

スマホからタッチで自動販売機から飲み物を買うようにしています。

 

スマホに「iD」という電子マネーを入れる事で自販機にタッチするだけで飲み物が買えるのです。

 

ただし、「iD」を作る為にはクレジットカードを持っていなけらばなりません。